スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
- 2009/01/18(Sun) -
 教師生活を初めて、ついに…教え子を亡くす機会に出会った。

 自分にとっては1教え子であるので、ここで大きく取り上げる必要は本来はない。


 だが、敢えてここに書くのは理由がある。

 それはめいぽ内で、大きく関わった人間でもあるからだ。


 ここまで書けば、誰のことかは容易に想像することはできると思う。


 誰が?を書く気はない。

 それまでの経緯を詳しく書く必要もない。


 ここで書くことは、彼女が

 「生きる」ことに最後の最後まで闘ったこと。

 叶わぬ夢の悔しさに耐えながら、最後は安らかな顔で眠ったこと。

 そして遺志…


 めいぽをしている人へ、これからする人へ。

 楽しんでください。

 誰かのためにがんばれることをがんばってください。

 そして、戻れなくてごめんなさい。


 その志、俺は引き継ごう。

 お茶のみんなも引き継いでくれるだろう。


 だから今は

 ゆっくりと休んでほしい。


 教師の至上の喜びは、教え子が教師を越えること。

 その至高の喜びと

 教え子を亡くす最哀の悲しみ。


 俺は2つの相反する感情が同時に沸くことを実感した。


 じゃあな。

johtarok.jpg


この記事のURL | 教師 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<Lv64 青花蛇討伐 | メイン | Lv61 新発見>>
コメント
 -
先生お久しぶり。

彼女とのメイポでの思い出はおっちゃんもいっぱいあります。

先生のキャラに入った彼女が先生だと思ってずっと話していたり。。w

とても頭の良い素敵な女性でしたね。

彼女はどこに行っても好かれるだろうし心配はいらないかな。

ご冥福をお祈りします。
2009/01/19 02:30  | URL | あちゅ #tHX44QXM[ 編集] |  ▲ top

管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/27 20:43  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aristrist.blog65.fc2.com/tb.php/198-88d11c4a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。