スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
入院4日目
- 2008/09/06(Sat) -
 昨夜は痛みのために寝付けなかった。

 それでも少しは痛みに慣れたのか、短い時間ではあるが休むことができるようになったので、少しずつ休むことにする。

 鏡や外の景色を見るときに映る自分の姿にある金属の眼帯がやはり痛々しい。

 鏡で見ることができたので、意を決して左目の様子を見てみた。

 白目は真っ赤。

 瞼も腫れていた。


 午前と午後に1回ずつ診察があり、上・右上・右…と言われた通りに目を動かす。動かす度に激痛が走る…

 左だけ視界がぼやけていて気持ち悪い。

 瞬きもうまくできない。

 目を閉じていたほうが楽。

 しかし閉じっぱなしにするとブログの更新はできないのでこまめに書き加える。

 飲み薬も始まった。

 朝・昼・晩と複数の薬を飲むことに。

 仕方ないけれど、薬が必要のない状態がどれだけ偉大かがわかる。

 目薬も始まる。

 めやにがドン引きするほどひどく、それを拭くための薬剤も用意してもらえた。

 鏡を見つつ、びくびくしながら目の周りを拭く。

 白目が血の色ってだけで何故こんなに怖いんだろうか。

 正直、誰にも見せられる状態じゃない。

 邪眼のようだ…

 自分の目なのに見るのが怖い。

 何か別の生物を植え付けられたみたいだ。


 それでも問題の手術は終わったということで、気分はすっきり。

 あとは退院を待つだけ。

 でも、金属の眼帯のせいで眼鏡はかけられない。

 片目で疲れる。

 ったく、退院までどうやって暇を潰せば良いってんだよ。

この記事のURL | 闘病日記 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<入院5日目 | メイン | 入院3日目 手術>>
コメント
管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/07 02:03  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aristrist.blog65.fc2.com/tb.php/165-533d7d95
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。