スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
職場復帰
- 2008/09/17(Wed) -
 やっと自分のフィールドに帰ってきた。

 感慨にふけたいが、残念ながらこの職場はそんなことを許してはくれない。

 戻ってきた以上、今の自分のベストを尽くさなければならない。

 仮にベスト時の半分しか今はできなくとも、今の100%でいかなくてはならない。

 仕事もそう、めいぽもそう。

 教師としての自分。

 お茶の副マスとしての自分。

 1プレイヤーとしての自分。

 そして自分としての自分。

 やるべきことはたくさんある。

 自分を奮い立たせ、またがんばっていこう。


 さて、残ってた抜糸ですが、土曜日の午前中にとることとなります。

 そんな大したことでもないし、報告はいいかなとも思ったのですが

 あそこまで書き続けてしまった以上、もう最後まで書きます。

 方々から心配していただいておいて、自分の都合で書かないのも不誠実と思ったからです。

 で、職場への移動は交通機関を使い、とにかくあわてずにゆとりを持って行動する。

 自分はまだ安静でいなくてはいけないことを自覚しながらの職場復帰です。


 あ、そうそう。お茶メンバーに通達。

 クリスマスの景品、そろそろ考えておくんだぞ。

スポンサーサイト
この記事のURL | 闘病日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
入院9日目
- 2008/09/11(Thu) -
 やっと明日退院…

 あとは抜糸だけが不安。

 抜糸のことを訊くと、処置室で簡単にできるとか。

 しかも、痛くないそうだ。

 それを訊いて安心した。

 また手術室にでも運ばれて麻酔とかやらされると思っていたから。


 退院までカウントダウンが始まった。
この記事のURL | 闘病日記 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
入院8日目
- 2008/09/10(Wed) -
 とりあえず朝一で目の診断。

 とりあえず退院の予定日の変更なし。

 安堵する。

 特に他にはやることもなく、じっくりと身体を癒しつつ時間を過ごす。

 昨日発病した胃潰瘍、十二指腸潰瘍もいい回復振り。

 久しぶりにご飯を口にする。

 書くことがないということは眼にいいのだが

 ネタがないのも困る。

 
この記事のURL | 闘病日記 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
入院7日目
- 2008/09/09(Tue) -
 目を動かすたびに感じていた痛みがだんだんなくなってきた。

 話によれば、黒目に糸があるせいでごろごろする痛みを感じるのだとか…

 そういえば、目薬をさしていて時々黒い糸の結び目だけが…眼球と瞼の間から出てきたりするんだけどね。

 この糸はバンドをとめている糸なのかだろうか?

 かなり怖いものがある。

 わかっちゃいるけど抜糸もある。

 退院日にやるらしいけど、そんなすぐに終わるのだろうか?

 眼球を縫った糸をとる…。

 かなり怖ぇーぞ、おい!!
 
この記事のURL | 闘病日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
入院6日目
- 2008/09/08(Mon) -
 経過も順調ということで、退院は予定通りの12日に決まった。

 また1つ、みんなの気持ちや想いに応えられたことにうれしくなる。


 それにしても、テレビショッピングがネタバレ100%完全補完できるようになってしまった。

 しかし新製品お出ましの頃には、教員に復帰してしまっていることだろう。

 とりあえず、彼らにはネタバレ100%な俺とお付き合いいただこう。


 少しずつだが、左眼に白い部分が見えてきた。

 邪眼卒業な月曜日は間もなく夕方を迎える。
この記事のURL | 闘病日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。